新特別基金
HOME JWAFとは アクセス お問合せ リンク サイトマップ
クラブ紹介 活動紹介 労山遭対基金 会員優待施設 登山時報 各種申請書・届出
寄付金と交付
寄付金
登録申込
個人1口1,000円 1口以上任意加入できます。
団体1口2,000円 5口まで任意加入できます。
登録期間 1年間(新規の場合は期限月まで)
交付 [ 個人加入の場合]
■死亡・傷害に寄付金登録申込額の200倍まで交付
■救助・捜索に寄付金登録申込額の300倍まで交付(加入初年度)
(加入2年目から、継続1年ごとに10倍が加算され、最高400倍まで交付されます。)
※算出方法
救助・捜索交付金限度額=寄付金登録申込額×く300+(加入年数−1)×10〉
■入院→事故発生日より1年以内の3日〜210日を対象とし、入院実数日で交付されます。
■通院→事故発生日より1年以内の3日〜50日を対象とし、通院実数日で交付されます。

[ 団体加入の場合 ]
■死亡・傷害については寄付金登録申込額の10倍を交付
(救助・捜索には団体加入は適用されません)

新規の申込金 寄付金制度なので加入金は必要ありません(無料です)。
 
交付金精算の目安(2010年2月20日第29回総会議決による)
個人の例
例えば......5,000円の寄付金登録申込みの場合(5口、月平均417円)
救助・捜索
(300倍〜400倍)
加入初年度 (払込金額の300倍) 1,500,000円まで
継続2年目から (払込金額の310倍) 1,550,000円まで
継続6年目から (払込金額の350倍) 1,750,000円まで
継続11年目から (払込金額の400倍) 2,000,000円まで
※但し、救助・捜索給付額はその実績を上回らない

死亡・後遺症
(200倍)
死亡・行方不明 1,000,000円
入院(3〜210日)(事故発生日より1年以内) (日額) 4,000円
通院(3〜50日)(事故発生日より1年以内) (日額) 2,000円

交付金が支払
われない場合
※無届山行
※事故発生報告が事故後、30日以上経過している場合
※交通事故及び交通機関の事故

個人及び団体の各口数による入院、通院一日当たりの交付額
寄付金 入院(日額) 通院(日額)
個人
1,000円 1口 800円 400円
2,000円 2口 1,600円 800円
3,000円 3口 2,400円 1,200円
4,000円 4口 3,200円 1,600円
5,000円 5口 4,000円 2,000円
6,000円 6口 4,800円 2,400円
7,000円 7口 5,600円 2,800円
8,000円 8口 6,400円 3,200円
9,000円 9口 7,200円 3,600円
10,000円 10口 8,000円 4,000円

寄付金 入院(日額) 通院(日額)
団体
2,000円 1口 80円 40円
4,000円 2口 160円 80円
6,000円 3口 240円 120円
8,000円 4口 320円 160円
10,000円 5口 400円 200円

個人算出方法
・(入院)申込口数 × 800円 × 入院日数(3〜210日)
・(通院)申込口数 × 400円 × 通院日数(3〜50日)
団体算出方法
・(入院)申込口数 × 80円 × 入院日数(3〜210日)
・(通院)申込口数 × 40円 × 通院日数(3〜50日)
※免責が入、通院とも2日あり、3日目から対象となります。
入院3〜210日、通院3〜50日いずれも事故発生日から1年以内の入通院の交付の対象となります。

新規加入申込書の用紙
こちらの用紙をダウンロード及びプリントアウトしてお使い下さい。

<個人の場合>
■ 新特別基金新規登録申込書
PDF版用紙 [16KB]
WORD版用紙 [52KB]
■ 新特別基金基金増し口申込書
PDF版用紙 [14KB]
WORD版用紙 [52KB]

<団体の場合>
■ 新特別基金 第2種団体申込書
PDF版用紙 [14KB]
WORD版用紙 [45KB]

Get Acrobat Reader PDFをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方はAdobe社のサイトよりダウンロードのうえご利用ください。


新特別基金 | 寄付金と交付 | 交付手続き | 基金12のポイント
賠償保険制度 | Q&A | 各種申請書 | 問い合わせ